学校概要

学校概要

<学校概要>
 

1 学校の沿革
    平成13年4月1日、北木小学校、豊浦分校、北木西小学校の3校が統合し、笠岡市立北木小学校
    となる。

2 学区の概要
    本校は、笠岡諸島の最大の島、北木島(面積約8平方キロメートル)の北西部に位置し、笠岡市伏越
  港から南へ16.6キロメートル、フェリーで約60分の金風呂港に面した学校である。三階建鉄筋校舎と
  25メートルプール、平成5年に新設された屋内運動場とともに、教育施設に恵まれた学校である。
   地域は、大浦、豊浦、金風呂の三地区に分かれ、人口は約900人が居住している。児童数
  は平成29年度は7人(男子2人、女子5人)、保護者は、4世帯になっている。
   近年、島外への転出と出生率の低下によって過疎化が急激に進行している。しかし、美しい自然、地域
  の方々の温かさ、伝統ある石材産業と文化など恵まれた環境のもとで、児童は毎日生き生きと過ごしてい
  る。

3 学校教育目標
     人間性にあふれ、個性豊かで、たくましく生きる児童の育成
        - 強 い 子  ・  学 ぶ 子  ・  や  さ しい 子 -


4 教育方針
  ○自ら考え、ともに学び合い、よりよく問題を解決する能力の育成を図る。
  ○基礎・基本の充実を図り、個性を生かす教育を推進する。
  ○やさしく思いやりがあり、生命や人権を大切にし、感動したり他人と協調したりする豊かな心の育成を図
       る。
  ○体験的な教育活動を推進し、自主的・自律的に生きる力を育成する。
  ○明朗で活力があり、生涯を通じてたくましく生きるための健康や体力・精神力の基礎をもつ児童の育成を
    図る。
 

5 指導の重点
   (1)わかる授業・学びと育ちのある授業の充実
      ・学ぶ意欲を引き出す工夫、学習内容の定着を図る工夫、個に応じたきめ細やかな学習指導の充実
       を図る。
      ・体験的な活動や問題解決的な学習を通じて、意欲的に考え、表現する力を高める。
      ・学び方の指導、基本的な学習方法の定着を図り、保護者と連携して、家庭学習の習慣化に取り組
                む。
    (2)道徳教育・生徒指導・人権教育の充実
      ・日頃の道徳教育の充実や、積極的な生徒指導に努める。
      ・人権意識を高め、人権を守るための実践行動力の向上に努める。
      ・交流を大切にし、より広い人間関係づくりに努める。
   (3)健康・安全教育の充実
      ・授業などで運動量を確保し、体力の向上と精神力の向上を図る。
      ・健康・安全に対する意識の向上を図り、健康づくりに取り組んだり、安全のための行動結び付け
                たりすることができるようにする。
      ・食育を通して、職の重要性の理解を図り、よりよい食習慣の形成に努める。

6 校内研修主題

  
    「個別指導と複式形態を生かした学習指導の充実」
      -基礎・基本を身に付け、表現する力を伸ばす授業づくり-

携帯でサイトを見よう
QRコード
※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。

〒714-0301
岡山県笠岡市北木島町7886-13
TEL:0865-68-2042